コツをつかむお風呂掃除をササッと済ませてきれいにする方法

>

お風呂の掃除はコツがあるのでささっと綺麗にしてしまいましょう

一番一日で楽しみなお風呂の時間

毎日一生懸命働いて家に帰ると一番楽しみなのが入浴の時間で、湯船につかってゆっくりしていると一日の疲れもゆっくりほぐれていき何よりもリラックスできますね。
世界中で入浴という習慣がありますが、これほど湯船につかるのが好きな民族は日本人が絶対に上位に入っていると思います。
日本人でお風呂に入るのが嫌いという人はなかなか見つけるのが難しいのではないでしょうか。
日本人のほとんどが毎日お風呂に使って日々の疲れをいやしてリラックスをし、次の日への活力にしているのではないかと思います。
さらに入浴には健康に対する効果も証明されており、毎日入ることで健康増進につながるとの説もあります。
特に湯船にゆったり浸かることは内臓や神経的リラックスにもつながり健康効果が期待できます。

湯船に浸かっているとリラックスできる

湯船につかっているとまず感じるのがとても穏やかでリラックスした気分になることですが、これは湯船につかることによって3つの物理作用が働くためといわれています。
まず一つ目に温熱作用といって交感神経に働きかけ活動的にする効果があり、二つ目には水圧作用といって腹部に水圧がかかることで心臓の働きが活発になり欠航が良くなります。
さらに三つ目には浮力作用といって水中では人間の体重は10分の1になるのでとても軽くなり、体を支えていた筋肉がリラックスするので筋肉がほぐれ、心身ともにリラックスができます。
お湯の温度は40度程度が最適といわれておりあとは好みに応じてプラスマイナス1度くらい調節すれば快適に体に働きかけるそうです。


この記事をシェアする